« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

おやすみなさい

東京に用事で居たのは数時間でしたが、
一応まだ関東地区にいます


今夜は親戚の家にお泊まりです(^-^)/
皆さん、おやすみなさい★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こういうのも…。

こういうのも…。
撮ってみちゃうヾ(≧∇≦*)ゝ

止まった駅、全部写せば良かった〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新幹線だぁ〜(*^o^*)

新幹線だぁ〜(*^o^*)
移動中、リアルタイムで更新してる人
尊敬しますわ…f^_^;

新幹線、乗ってすぐ
チビりぃにポテチを買わされました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

晴れたらイイな。

こんばんは、ルリエルでっすヾ(≧∇≦*)ゝ

突然ですが明日、子どもの用事で
東京に行きまーす★

旦那さまはお仕事で行けないから
子どもたちと4人で…。

だから早起きしなきゃぁなの(*^ー^)ノ


二男、三男の「卒業生を送る会」が2人とも明日あるので
ホントは其方も参加させてあげたかったんだけど…。
みんな身体はひとつだからね(ノ_・。)

…ってな事で「〜初心・uigokoro〜」は今週はお休みします。
すみましぇんえん…m(_ _)m


では、皆さん良い夢を…。
おやすみなさい♪(*^ ・^)ノ⌒☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっとバタバタ(-o-;)

しています。

あ〜。
どうして用事があれこれ同じ日に重なるかなぁ…。
コピーロボットが欲しいな(^o^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女の仕掛け

あぃ、今回ひさびさにショートカットにしたら

うぅーーーーん???コドモには余りウケが良くないような気が・・・(笑)

コドモって、長い髪が好きなんですよね~。

でも、まぁ似合うって言ってくれる人がいるからイイか^^

アメーバで応募した本が先週届きまして、読んでました。

「女の仕掛け」って本なんですが

うーーーん^^;独身時代に読んでたら・・・なーーーんて思っちゃったです。

イイ男をGETするには~って感じですが

普通に人間関係を良好にする為にもなるほど・・・な感じでした。

ま、その中で「恋愛するなら真剣に」とか色々気になるフレーズがあるのだが

14 明るい色を身につける
内容は暗い色は(黒とか・・・ね)デザインが凝っていても
目を惹かない
よほどスタイルが抜きん出ているかでない限り
でも白やピンクの明るい色の服の子が
合コンなんかに居ると
黒い服の中ではその子が自然と目立っちゃう。
インパクトーーーー!!(笑)
なるほど・・・です。
黒い服ってお洒落に見えるけど、肌の荒れとかも目立つって・・・。
白い服のが顔色が良く見えるってのも頷けます。
これは合コン以外でも使える・・・ですよね。
確かに運動会なんかではアクセント子どもにつけたりして目立つようにする
・・・って意味が違うかあせる
あと、これは結婚してるから眼がどうしても行っちゃう項目
第6章 恋愛のブラックホール~不倫~
65 さっくり不倫、自覚ナシで罪ナシ
現在、不倫(婚外恋愛ともいうが)をしてるって人も少なくないのであろう昨今
が、不倫は精神的にも色々大変である。
法律等々ちゃんと踏まえて、覚悟も要るし、精神的にも強くなくては・・・。
ってことがそれまで書かれているのですが
(もちろん、良いことだとは書かれてません)
でも中にはこのくらいサバサバしてる人も居るって
いうコトらしいです。
でも実際はこういう割り切った考えの人は少ない・・・ま、そうだよね。

あとはね・・・。

続きを読む "女の仕掛け"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カットしてきました

なんか・・・幼くなったってな感じです

かなり切ったですよ〜。

ど…どぅかな!?(笑)

でも写真削除しちゃいましたけどねbleah

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お待たせ〜♪(*'-^)-☆

いやいや…


本当に待ちましたぜ

お客さまヾ(≧∇≦*)ゝ


ピル止めた途端、赤ちゃん出来たら洒落になりません!!


ってか
止めた途端にお客さま10日も遅れてくれちゃって…。


ま、明日ちょっくらカットしてきます。

は〜(#^-^#)
どんな感じにしよっかな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

起こしてぇ~~~ん♪

sunおはようございますsun
今朝はどうもお腹が痛いdespair
そろそろ来るんじゃないかと思うと
妊娠検査薬使うのがヤダな~。
なんて思っちゃってるルリエルです。
はぃ、誰にモーニングコールされたいか?されると嬉しいか?
ってのありますか?私は・・・

「平井堅」
さんかなぁ~?
あの声で起こされたら・・・嬉しすぎるぅぅ~~~note
あ、でもキスkissmarkとかエッチhappy02とかで起こされるのもイイかも?
そのあと起きれなくなっちゃうからダメかぁ~(笑)
でも実際イチバン堪えるのは
チビりぃのおはようコールですね。
あ~~この3日間やられましたsweat01

「おかぁさぁぁぁ~~~ん、お・き・て」
と言いながら布団にもぐりこんでくる(誰かと似た手口だなぁ・・・)
ぎゅっと抱きついて

「お・は・よ、お・き・てhappy01heart04
あぁぁ~~~朝からメロメロパンチですcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

別腹が欲しいっす(-з-)

別腹が欲しいっす(-з-)
夕ご飯のあとに食べちゃろぅ〜と
ずんだのおはぎを買っちゃったヾ(≧∇≦*)ゝ

でもご飯盛りすぎてお腹いっぱい…。

あぁ〜ずんだのおはぎ、前から食べたくて
今日、珍しく買ったのにぃ〜。

ちなみに最近ダイエット料理なの(笑)
チビりぃが太り気味なので、薄味にしようと…。
いつもより、砂糖を控えて味醂を使用。
今夜の煮魚はダシを多めに昆布を入れて…薄味薄味★

少しでも効果が出ると良いな。
でも、私に効果が出ちゃ〜駄目なんだけどね(^o^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春一番 と 雪の舞

春一番 と 雪の舞
今朝の強風はやはり春一番だったのだね。

本当に「どうしたのか?」と思うほどに
風は強いのに、空の色は綺麗で…。

私の住む地域では、夕刻から空が灰になり
雪が舞うという、不思議な天気でした。

かなり降っていましたがすぐに止みました。
奥の方の山はパウダーシュガーを振りかけたようでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やられた〜Y(>_<、)Yシナモンメルツ

やられた〜Y(>_<、)Yシナモンメルツ
マックの地域限定セットlovely
シナモンメルツ + ドリンクS で290円のケータイクーポン

よっしゃ、使ってみよ〜♪っと子どもたちとマックへ…。

ワクワクo(^-^)o

とテーブルに座ってパカッと入れ物開けたら

なんか

私の苦手そうな、トローリ系が上にかかってますが!?

あにぃがケータイでサイト見たら
クリームチーズうんたらかんたら…ガ( ̄□ ̄;)ーン!!sweat01

ショックだったが、嫌な予感したのか
セット2個にしといて良かったわ…。

私は予備に買ったミスドの抹茶ドーナツを食べました。

あぁ〜それにしても
やられたわ…(ノ_・。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 18-2~浮き草~

初心・uigokoro 18-2~浮き草~

新年から色んなことがあり、私の頭の中はパニックだった。
自分の周りがめまぐるしく変化した。
でも一番変わったのは・・・夕貴との距離。

でもあれから約1ヶ月、ふたりの関係は・・・実は余り変わってなかった。

ほんの少し、私が素直になれるようになったかな?そんな感じ。
デートして、ご飯を食べて、別れ際にキスが入ったくらいかな?
きっかけがきっかけだけに、どうにも次の一歩を踏み出せないでいた。

当たり前に時は流れ、カレンダーも次の景色を映し
街はハートの飛び回る2月を迎えた。

・・・バレンタインかぁ・・・。
チョコレートを渡すのって、こんな感じだったっけ?
今まで高いチョコを買って、渡していたのが馬鹿らしくなった。
美味しそうなケーキ屋さんのチョコを見て、夕貴の喜ぶ顔を浮かべながら買った。

「これ、美味しそうだったから・・・。」
自然にそんな風に渡すと、その場で開いて2人で食べた。
なんだか・・・こんなのって良いかも・・・。
彼と居ると、肩の力を抜いて自然な私でいられる。

そんな緩やかで、穏やかな時間を感じていた。

******************

「そろそろ卒業式のシーズンね、ウチも来年は子どもが受験生なのよね~。」

松井先輩とは、正月以来以前にも増してよくお喋りをするようになった。

「あの~先輩・・・ちょっと・・・訊きたい事が・・・。」

「ん?何?悩みでもあるの?」

「じ、実はですね・・・私。」

「まさか!!出来ちゃったとか言わないでよ!!急に辞めるとか・・・。」

「ありえないですよ~そんな事、一切ありませんから・・・。」

「え~~~~!?嘘でしょ?それも何だか・・・。」

「変ですか?やっぱり???」

「あなた達って、どの位付き合ってたっけ?」

「正式に・・・って言うか2ヶ月かな。二人で逢うようになったのはもっと前ですけど・・・。」

先輩は私の顔をじ~~っと見て

「何か、問題があるとか・・・。」

「え?いや問題って言えば・・・多分私の方が・・・。」

返事に困って眼が宙を彷徨った。

「何だか、そういう流れにならないって言うか・・・」

言いながらこんな相談するって学生じゃないのに・・・と自分でも思ったけどどうしても最後の線が越えられない、その理由が分からない・・・。

「色々考えすぎちゃってるんじゃないの?加藤ちゃん、真面目だから・・・。勢いってのも必要よ。」

先輩は笑いをこらえながら、私の頭をぐしゃぐしゃっと撫でた。

「やめてくださいよぉっ!!髪が・・・」あ~ぁ、せっかく今日は綺麗にしてきたのに・・・。

化粧室でぶつぶつ言いながら髪を梳いていると鏡に向かって自分に聞いた。

「勢いが大事なんだって!!」

そうかもしれないな・・・でも自分から誘うのもおかしいよね。

それとも・・・もしかして性的魅力がないのかしら?私って。

やっぱり、年上だからかな?「好き」って言っても恋愛の対象じゃないとか・・・。

やっぱりまだ「お姉さん」って感覚なのかも・・・。

そんな風に思うと、今まで浮き足立っていた気持ちが削げてしまった。

今晩、夕貴と逢うのに、何だか憂鬱になっちゃったな。

          <19へつづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 18-1~浮き草~

初心・uigokoro 18-1~浮き草~

夕貴への気持ちがはっきり分かった、2人ともお互いを思っているということも
でも、そのままどうこうという事は出来ず、タクシーで家まで送ってもらい外で別れた。

きっかけが真由の居なくなったことじゃなく、別のことだったらそうなっていたかも・・・。
何だか恋人ができたことよりも、友達を2人失ったような気持ちになった。
2人・・・。
そう、あんなに色んなこと相談出来てた人が、両思いになったとたん、今度は嫌われたくない
気持ちが働くようになった。
不安な気持ちになるのは、一緒に喜んでくれる友達が居なくなったからかもしれない。

と、不意に電話が鳴った。

「もしもし・・・」

「も・森本ですっ!!」

と今しがた別れたばかりの真由の妹佳奈さんだった。

「加藤さんが帰った後に姉から連絡があって・・・元気にしているから心配するなって・・・。

何も言わないでいなくなっちゃったクセに勝手な事を・・・。」

何だか怒ってるようにも聴こえるけど、明らかにさっきとは違う落ち着いた声に安心した。

「連絡あったんだ・・・良かった。」

「すみません。ご心配をおかけしたのに、本人から連絡も・・・。」

「うん、無事だって分かっただけでも安心しました。教えてくれてありがとう。」

「部屋は、やっぱり出るつもりだったそうです、会社もクリスマスには退職届出してたらしいし、実家にも仕事で帰れないって伝えてたみたいで・・・。もう呆れちゃいましたよ、こっちは親に何て言おうか散々悩んでたのに。」

相当、怒ってるな・・・佳奈さん。安心したからか急に雄弁。

「大変だったのね・・・。」

「そうなんです、でも2,3日後には出るつもりだったけど急に出なくちゃいけなくなったから慌てて部屋を出たとか、良く分からない事言ってるんですよ。

・・・あ、今日初めてお会いしたのにこんなに言いたい事勝手に話しちゃって・・・すみません。」

なんだか電話の前で謝ってる妹さんの姿を想像して微笑ましくなった。

「いいの、本当にありがとう、私も安心しました。」

「どうもありがとうございました、失礼します。」

「おやすみなさい。」

妹さんに連絡を入れるくらいなら大丈夫だ、今度は本当に安心した。
ポストに入っていた年賀状を広げ、一枚一枚目を通した。
「あ・・・。」
真由からの賀状が入っていた。

「あけましておめでとう、今年もよろしく」

まったく・・・元旦に届くってことは早く投函したってことだ。
ここに何も書いてないということは、これを出したときはこんな状況になる予定ではなかったのかも・・・。

言いたいことが
何か伝えたいことがあったのかもしれないな・・・クリスマス、私をホテルに誘ったのは。
そう思えて仕方なかった。

<18-2>へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりにスカート穿いたよ

久しぶりにスカート穿いたよ
今日はチビりぃの参観日でしたbleah

そういえば参観日にスーツ着て、お化粧して…なんて
ほとんどしてなかった私sweat01

上の子たちの時代は参観日が毎月一度はあったので
改まって〜って感じで行くことなかったです。

10年も違うとイロイロ変わっていて
チビりぃの時は「あれっ!?」って事が少なくない。

そう思って久しぶりにスーツで行きました。
寒いからコート結局脱がなかったけどね。

で、スカートってそういえばひざ下丈でも良いのよね。
と穿きながら思う私だった(笑)
私の中で「スカートは膝上5センチ以上」って気持ちがあったんだなぁ〜。

とりあえず今日は黒タイツにしましたheart02
後のは紫と紺色にしたのだけど、ピンク買っても良かったかな〜?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スカートと網タイツ

この1ヶ月ほどは、ずっと風邪を引きずってたから
スカートってほとんど穿いてないのsad

こないだ誕生日cakeだったけど、家族に忘れられてたし…(ノ_・。)
と、悔しいから珍しく自分のカラー網タイツを買ったんですが
それもいつになったら穿けるのか…┐(´ー`)┌sweat02

ホント今回のはダルさとか寒気とか頭痛なんかが抜けないんだよね。

ふぅ…。
毎日ゴツい靴下が離せません。

ついでに…月のモノも来ないので
余計に憂鬱なんでございます…(*u_u)sweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あれ?ちょっとちょっと。。。

どれどれ。。。

heart02happy01heart02

やったーーーーsign03

ついにココログでも絵文字OKgoodになりましたがなーーーsign03

色もピンクっぽい淡い感じでカワイイよhappy02heart04

すっげーーーウレシイっnote

携帯からの更新だと使えないんだろうから

のんびりでもまたパソコンからにしよっかなsmile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

朝からずっと…。

今日は朝からほとんど旦那さまと一緒

今日はお休みだから、2人で〜


って予定だったみたいですが

あにぃも春休み&バイトを休みにしてたから

なーんもありません(笑)
しかも、あにぃリビングで寝だすし…f^_^;


「何でアイツ休みなんだよ〜何も出来ないじゃん!」
「せっかく父さんだからって、休み合わせたらしいよ。」
「合わせないで欲しかった…(ノ_・。)

夕方までバイト入れててくれたら…。」

と、旦那さま、欲求不満で過ごした1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとバタバタ…

あまりこっちのブログに登場しない
二男すろぅなんですが、リアルブログでは良く話題に出ます。

ま、そんな二男の本日17歳の誕生日なんで
ちょこっとプレゼント見てきます('-^*)/

Wii欲しがってたんだけど、ちょっと今月は無理だぁ〜(→o←)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙人のジョーンズさん

新しいジョージアのCM

ジョーンズさんの台詞聞いて吹き出した。
「ただ…
この星のオムライスは…


萌え…★(//▽//)」

駄目だ…

やられた(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫歯がどんどん進行してたら…(((゜д゜;)))

なんちゅー事を考えたりします。

奥歯とかって溝がありますよね?
虫歯になって溝がどんどん深くなって
バイキンマンみたいな奴がどんどん工事進行させてるイメージが…。

で、歯医者さん行くとかなりひどくなってて
「こりゃ駄目です、抜きましょう。」って言われるんじゃないかと…。

ま、実際はそんなすぐ抜いたりしないの分かってるけど
やっぱり歯医者さん行くの怖いですね。
あ〜でも行かなきゃなぁ…(ノ_・。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

あなたの「たるみ感覚」は?

あなたの「たるみ感覚」をチェック
http://beautystyle.jp.msn.com/dietfitness/check/index.aspx/category=dietfitness/

なんちゅー恐ろしいモノを発見しちゃいましたよ、奥さん。。。

とりあえずやってみたんですが

携帯からはアクセスできないと思います(ごめんね)

で、私の結果・・・

あなたのたるみ感覚は…にぶりがち
あなたのたるみ感覚は、少々にぶりがち。
「見た目が良ければOKでしょ!」なんて、節制するより補正下着に頼るタイプです。
パッと見はスタイル抜群だけれど、お風呂上がりは見る影もなく
“たるみスト”に変身という可能性も…。
☆あなたの“たるみ”要注意ポイント…「バイバイ!」と手を振ったときの二の腕。
どうにも隠せない部分を“見ないフリ”していませんか?
薄着の季節になる前に、肉の振り袖を脱ぐ努力を!
フィットネスができる家庭用ゲームなど、遊び感覚で楽しめるエクササイズが続けるコツです

実はWii fit欲しいんですが月末に要りようだから倹約中なんよね。

読まれてんのかぃ!?って結果でちゃったなぁ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 17-2~ぬくもり~

初心・uigokoro 17-2~ぬくもり~

「来させてもらって良かった。ちょっとだけ安心しました。」

「何か、分かったの?」

今まで成り行きを見守っていた夕貴が訊いた。

「真由・・・あの子、この部屋出るつもりだったみたい何となく・・・。」

「どうして?」
佳奈が訊いた一緒に暮らしていた自分に何の言葉もなかったのだから当然だろう。

「残った服、真由がお気に入りだって言ってたのがほとんどないの。持って出たってことだよね。
喫茶店のマスターも荷物を持ってた真由を見たって言ってたし・・・。」

それまでにもいろいろ悩んでたのだろう、特に姉妹である佳奈さんには余計言いにくいこともあったのかもしれない。

帰り際に何かあったらお互いに連絡できるように携帯のアドレスと住所と名前を書いて渡した。

自分のアドレスを調べるのに携帯を取り出すと「あっ」と小さく佳奈が言った。

「姉さんは友達って言える人が極端に少なかったんです、『派手な顔立ちしてるから何だか嫌われるみたい』とか自分で良く言ってました。」

「そんな事・・・他人のこととか気にしてないように見えたのに・・・。」

「加藤さん、姉と同じ携帯なんですね。『これ大好きな人とお揃いなの』って姉さんが言ってたんです。
普段そんなこと言わない人だったから珍しいなって思って覚えてたの。」

お揃いの携帯を見て真由の笑顔が脳裏に浮かんだ。何の力にもなれなかったのに、ごめんね。

「佳奈さん、今日は突然伺ってしまって・・・ごめんね、ありがとう。」

「いいえこちらこそ、姉の事で来ていただいてありがとうございました。」

佳奈はにこっと微笑むと一礼した。

ちょうど部屋の奥で電話が鳴り、彼女はこちらを気にしながら部屋に戻っていった。

夕貴と二人、タクシーがつかまる所までと並んで歩きながら

「どう?ちょっと落ち着いた?」と夕貴が顔を覗き込んできた。

「うん。ちょっと・・・うぅん、だいぶかな?」

「寒いんじゃない?」

そう言いながら肩を自分の方へ抱き寄せた。

一瞬、身体が強張ったがそのまま彼に身体をゆだねた。

・・・あのとき、どうして夕貴に電話したのかな?

どうしていいか分からないって思ったとき

夕貴に助けて欲しかったんだろうな、きっと・・・。

「ねぇ、どうして今日来てくれたの?朝会ったばかりだったのに・・・。」

「どうしてって?決まってる。」

「?」

「好きな人の声を聴いたら、今どんな状態か分かる、だからほっとけなかったんだよ。」

聴いてて恥ずかしくなった、でもあのときそんな風に感じてくれたんだ。

「ありがとう。」

彼の腕をほどいて向き合ってお辞儀した。

「どうしたの、急に・・・。」

驚いて私を起こそうと身をかがめた彼の肩に手をかけて軽くくちびるを押し付けた。

「此処から一人で帰れるから・・・ありがとう。今日来てくれて!!コート明日返すからねっ。」

自分でもビックリしたけど、その場に一緒に居るのが恥ずかしくて走り出した。

「みちる~!!」

背中から彼の呼ぶ声が聴こえた。

振り返るとすぐそばに・・・と思ったら腕を捕まれて引き寄せられそのまま抱き締められた。

「ありがとう。」

夕貴は私の身体をぎゅっと強く抱き、少し身体を離すともう一度ありがとうと言いながら唇をふさいだ。

返事・・・できないじゃない・・・。

でも・・・。

好きなひとの体温を感じながらキスされるのって、こんなに幸せな気持ちになるんだ・・・。

そんな風に思う私がいた。

 <18-1>へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 17-1~ぬくもり~

初心・uigokoro 17-1~ぬくもり~

「どうしたの、何かあったの・・・?」

もう一度、彼夕貴はやさしく尋ねた。私の身体が震えているのを見て自分のコートをそっと肩に掛けてくれた。

彼の顔を見ると安心感からか涙腺がまた緩んだ。

「あのね・・・。」

と、言いかけて迷った。

何処から話せば良いのか、真由の事を何処まで話して良いのか・・・。

でも、一人で考えてても何も浮かばない。思い切って先日のクリスマス前の出来事から話した。

「そうか・・・。」

ひととおり聞き終わると夕貴は静かに言った。

「君の・・・みちるのせいじゃないよ。」

つい、今しがた悩んでいた箇所にいきなり触れられて驚いた。

「私の・・・。」私のせいじゃない?どうだろう、本当にそうなのかしら。

「そんな風に思って自分を責めてるみたいだ。」

・・・でも、でも・・・心の中でうまく言い表せなくて言葉を探した。

不意にテーブルの上に置いた手を彼が軽く握った。

顔を上げて眼を合わせるとその掌に力を入れてぎゅっと強く握った。

「こうして、話していても不安になるだろう、みちるが場所を知っていて妹さんも居るのなら彼女の家に行ってみないか?何か分かるかもしれないよ。」

うん・・・と声に出さないけど肯いた。

「『案ずるより生むが易し』って言うし、みちるもそう思ったから上着も着ないであの人を探してたんだろう?」

マスターに軽く挨拶をすると彼は私の肩を抱いて店を出るとタクシーを拾いに行った。

「このあたり・・・なんだけど。」

「あ、じゃぁ其処の角で止めてください。」

タクシーを降りると真由たちが住んでるマンションに着いた。

姉妹で住むからセキュリティがどうのこうの言ってたっけ、そんなことを思い出しながら部屋の呼び出しをした。

今朝方電話で話していたのもあってか、妹さんも私たちを部屋に入れてくれた。

妹さんはどちらかといえば派手に見られがちな真由とは逆の大人しい感じの子だった。

「加藤さん・・・でしたっけ?わざわざいらしていただいてありがとうございます。わたし、妹の佳奈です」

「あれから連絡とかありました?」

妹さんは小さく何も・・・と呟くと真由の部屋へ案内した。

「この部屋を姉が使っていたのですが・・・洋服もほとんど残っていて・・・。」

「佳奈さん、見せてもらっても良い?」クローゼットを指すと彼女はこくりと肯いた。

「あ・・・。これ懐かしい・・・。」

こんな時に、と自分でも思ったがつい口をついて出た。

通勤時に真由が着てた服がいくつか眼に入った。

「部屋の中で何かなくなってる物、あります?」服を見ながら佳奈に声をかけた。

「写真・・・かな?机の上や壁に貼ってた写真・・・。」

と呟きながら、ふと私の顔をまじまじと見て言った。

「あの・・・加藤さんって、もしかして姉と同じ高校の『みちるさん』ですか?」

「えぇ、どうして?」

「多分・・・なくなった写真って高校生の頃のが多くて・・・。机にあったのは・・・。」

じっと見つめられてその意味を解した。

「もしかして、私と・・・?」

今まで固かった佳奈の表情がほんの少し和らいだ。

<17-2>へつづく   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明るいのと暗いのどっちが好き?

寝るときって寝室の豆電球どうしてますか?

私は消して寝る方です。
普段から寝つきが悪いので点いてると寝れません。

でも今回のように咳こんでティッシュ探しまくる事もありますが…。


ちなみに子どもは消して真っ暗で寝る方が良いらしいです。

こちらはちゃんと根拠があるそうです(*^-^)b

皆さんは消して寝る?
それとも点けて寝る?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハートマーク(#^-^#)

昨日は私の誕生日記事におめでとうコメントやメール
どうもありがとうございました。

今日はルリエルからお礼と日頃の感謝と愛を込めて…♪

はっぴーバレンタイン♪(*'-^)-☆

【ポイント10倍】TV・雑誌で紹介!今、話題のチョコレートケーキ♪魅惑のザッハトルテ【ネット限定スイーツ】【バレンタイン特集2008】【バレンタイン0802070809】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プレゼント!?

プレゼント!?
空からは雪


家族からはひとりの時間


そして
私のカラダには
今は薬かな?


軽くお昼食べたら少し寝てます。


下記事のお祝いコメント、ありがとうございます。
先にお礼のお返事しようかと思いましたが
せっかくなので、一眠りする事にします(*u_u)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Thank you★Thank you!?


みなさん、こんばんはっ♪


ん〜(#^-^#)


タイトル見てピン!!と来た人…


って居ないだろうなぁ〜(笑)


今日、実はわたし…

誕生日なんです♪(*^ ・^)ノ⌒☆

タイトルの意味は…?
ははは…ヾ(≧∇≦*)ゝ


★ネ・ン・レ・イ★なのでーしーたっ(笑)


歳じゃなくて、私の喉に長々居座るエヘン虫
誰か取ってくださーいっ(←無理かf^_^;)

写真は削除しましたっ♪(*'-^)-☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

VDチョコのちょこっとホロ苦い思い出

みんなは好きな人にチョコ
最初から手渡しでしたか?

私は…幼なじみの男の子に替わりに渡して貰ってました。

小学5年から5年間

ずっと同じ人に…。

内気で恥ずかしがり屋だったから
とてもじゃないけど手渡しなんて出来なくて…。

「誰から?」って毎年訊かれてたらしいけど
黙っててくれたみたいで…。
でも「せっかくだから自分で渡してきなよ。」と言われちゃいましたが…。


ま、中学卒業で諦めちゃったのです。
でも今ならダメもとでも告白してただろうな。
玉砕して「白いなっちゃん状態」になってたかもしれないな。

「わたし今スッゴく甘酸っぱいょ…」
なんてね…(ノ_・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お風呂大好きなんだけど…

ルリエルはお風呂大好きなんだけど

今回の風邪は余りにものどが辛くて
チビりぃと一緒に入るのが苦痛です。


こんなに長引く風邪は滅多なくて
いつもは熱があっても「とりあえずお風呂♪」なんだけど

夏でもお風呂入らないとスッキリ出来ないんです。

早く元気になって、熱いお風呂に長々入りたいよ〜ん★


あなたはお風呂派?それともシャワー派?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 16-3~影踏み~

初心・uigokoro 16-3~影踏み~

身体は少し暖かくなったのに、震えがとまらない。

もしかして私のせい?私があの日、真由を誘ったせいなの?

無意識のうちに携帯を探してた。

「みちる、初詣楽しかったね。着物良く似合ってたよ。」

冷えた耳元に明るい夕貴の声が聴こえると、楽しかった数時間前が思い出された。

同時に今の状況が不思議に思えて自分でも訳が分からなくなった。

誰かにそばにいて欲しい、そう思っていたら私は夕貴の番号を選んでいた。

「ごめん、なんでもないの・・・。ちょっと声が聴きたくなって・・・。」

そう言うのが精一杯で涙が溢れた、うまく言葉に出来なくて電話をかけた事を後悔した。

「どうしたの?なんでもないって感じじゃないよ、今どこに居るの?」

「あ、喫茶店・・・。うぅん、なんでもない、なんでもないよ大丈夫だから・・・。」

これ以上何かを喋る事が出来なくてすぐに電話を切った。ほどなく彼からメールが来た。

>あの喫茶店?すぐ行くから動かないで待ってろよ

文字を見てじわっとあったかいものが溢れてきた。
本当はこんなところ見られたくないのに、動きたくても・・・体が動かない・・・。

30分ほどして、夕貴が店に現れた。

「何か、あったの?」

見られたくないと思っていたのに彼の顔を見ると安堵した。
でも・・・何から話せばいいのだろう?
ただ彼の顔を見つめるだけしか出来なくてまた涙が溢れた。

          <17-1>へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 16-2~影踏み~

初心・uigokoro 16-2~影踏み~

でもとにかく、そうだ2人で良く行った店を探してみよう。

じっとしててもイライラするだけだと思い、部屋を出た。

歩き出して、そういえば今日はまだ正月だよと思い足を止めた。

休みかもしれない、休みじゃないかも・・・だけどとてもじっとしていられなかった。

街は正月だというのに賑やかしく浮かれた様子で晴れ着姿の女性たちが目に入った。

つい数時間前まで、その中にいた夕貴と自分の姿が重なって見えた。

真由と2人でお揃いの携帯に変え、ストラップもお揃いのものにしたっけ。

パワーストーンのお店の横を過ぎるとき、半年ほど前の週末のひとコマを思い出した。

夕ご飯も良く一緒に食べたっけ・・・居酒屋の暖簾をくぐって焼酎なんか飲んだりしたよね。

一緒に歩いた道を通るごとに、そんな時間が頭の中を巡ってきた。

いつのまにか陽はかげり夕刻にもなると辺りはほんのりと薄暗く風が冬の寒さを思い出させた。

「あ・・・。」コートも着ずにそのまま出て来た自分に気づく。

どうりで寒いと思った。馬鹿だな私、全然落ち着いてなんかないじゃない・・・。

大きな店は開いていても2人で行った店はほとんど正月休みでただ歩き回るばかりだった。

半分諦めながらいつも待ち合わせをしていたあの喫茶店を覗くと、偶然にも開いていた。

「こんにちは。あけましておめでとうございます。」

「あれ、ひとり?珍しいね。いらっしゃい、ひさしぶり。新年おめでとう」

今日はいつもの女の子はいなかった、マスターがひとりだけ。

「あの・・・突然変なこと訊くようなんだけど・・・。」

「うん、何?」

「私と良く一緒に来てた女の人、最近この店に来たかな?」

「いや・・・。そういえばクリスマスの終わった頃に一度、一人で見えたかな?

ちょっと大きな荷物があったようだからてっきり君と一緒に旅行にでも行くのかと思ってたんだけど。」

荷物?やはり何処かに出かけたの?でも妹さんにも言ってないって・・・。

「そう・・・ですか。ありがとう。」

「彼女、どうかした?」

「いいえ、なんでもないです。ちょっと喧嘩しちゃって・・・。」

あわててその場を取り繕うとマスターが奨めるコーヒーを悩みながらご馳走になった。

落ち着け、落ち着け・・・急に変なこと訊いてそのまま帰っちゃ駄目だろうし。

でもコーヒーを飲み終わっても、膝がガクガクしたままだ。

「何処行っちゃったの・・・。」

<16-3>へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 16-1~影踏み~

初心・uigokoro 16-1~影踏み~

あて先不明で戻ってきたメール、繋がらない電話。

この数日の間に、真由に一体何があったんだろう?

どうして私、今の今まで連絡取らなかったんだろう?

此処数日の彼女の様子が変だと気付いていたのに、

あの日の様子も何となくいつもと違うって感じていたのに・・・。

とっさに彼女の自宅に電話をかけた。

確か妹さんと一緒に暮らしていたはずだ。

「もしもし、はい。森本です。」

思いがけず、受話器から聞き覚えのある声が聴こえてきた。

「ま・真由?いるの?」

「あ・・・どちら様でしょうか、姉は今・・・いませんが。」

姉?そうか妹さんだ、声が似ていたから間違っ・・・いやそんなことより

「あ、あの・・・私、お姉さんの友達の加藤なんですけど・・・真由さん、お姉さんは今どちらにおられるかご存知ですか?連絡取りたいのですが」

「姉の・・・お友達の加藤さん?」

どうやら妹さんも知らないようだ、それとも急にこんな風に訊いたから驚いているのか、
と思ったがしばらく沈黙が続いてそれから嗚咽が聴こえてきた。

「どうかされたんですか?あの子に何かあったんですか?」

「姉は・・・お、お姉ちゃん今、行方不明なんです。
もう1週間も帰って来ないし実家にも私にも連絡もなくって・・・。
今までこんな事一度もなくて、私もどうしたらいいか・・・と。」

聴きながらスッと血の気が引くのを感じた、1週間っていったらあの日、私と別れてからすぐじゃない。

「姉のお友達の連絡先とかも全然分からなくて、何だか身の回りの荷物が少し減ってるなって思ってたら急に携帯も繋がらなくなって・・・。」

どうしよう、どうしよう・・・と泣きながら話す妹さんの声が遠く感じ、軽く眩暈がした。

いけない、落ち着かなくちゃ・・・。

「私が分かる友達には私からかけてみるから、もしお姉さんから連絡があったら私の所にもお願いします。」

そう言って自分の携帯番号を伝えると、連絡の取れる友人数人に片っ端から電話した。

高校の頃からの友達、それから・・・と手が止まった。
誰にかけたらいいのか分からない、それに正月だ、連絡がとれるかも定かでない。
交友関係なんて本人しか分からない人のほうが多いに決まってる・・・。

ああ・・・私って彼女の何を知っていたんだろう?

言いようのない焦燥感にかられ、その場で立ち尽くしていた。

<16-2>へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたの部屋の片隅に…

あなたの部屋の片隅に…

わたしを置いていて


あなたが一番よく見える場所に…。


あなたのほかには何も見えない
あなたの声以外の
何も聴こえない

心の痛みも
溢れ出す感情もない

わたしが人形ならイイのに…。


何も考えず
ただ

あなただけを見ていられるのに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は…

今日は…
何も考えなくていい
モノになりたい


ヒトじゃないモノ

| | トラックバック (0)

もうすぐバレンタインだけど・・・。

あ~~~もうすぐバレンタインですねっ!!

でも別に男の子にあげなくても良いじゃん

なーーーんて人も居るはず(私か!?)

自分にプレゼントしちゃうってのはどうでしょう?

例えばこーーーんな詰め合わせ

送料無料北海道お取り寄せスイーツセット

美味しそう~~~だよねっ?

抹茶モ・ヴレ16個入 抹茶モ・ヴレ16個入
販売元:ニッセン
ニッセンで詳細を確認する

こんなのとか・・・^^;

外国では逆に女の子がプレゼントしてもらうらしい

下着とか・・・って★イイなぁ~。

私はその付近が誕生日なんだけど貰うよりあげるばっかなんだよね。

あぁぁ~~。こーゆーのってどぉ?

白ブラセット 1260円

ホルターネック黒サテンブラ 1575円

ちょっと可愛くねぃですかぃ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何回目のデートで〇〇する?

風邪ひきは寝てりゃ良いのに
布団の中から携帯でネット徘徊


アメブロのクチコミ番付で
何回目のデートで〇〇する?
っていうのが…(笑)


私の場合、旦那さまとは手も繋ぐことなく
キスも勿論まだ…の状態が何度もあり

賞味何回目?

デートは5回くらいかな?
顔はほとんど毎日合わせてたけどね。

ある日のデートの最後で部屋に誘われ

手→キス→エッチ

といきなり進行しちゃったので
度肝抜かれました。
うーん!?真面目なひとだと全面的に信用してたんで
油断しまくりでした。


皆さんの場合はいかがですか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

なんかヤバい…

風邪ってひとにうつすと治るなんていうけど
貰ったらマジで倍キツい気がします


どうもチビに貰ったような私と二男
二男…昨日まで寝込み
今朝やっと学校行きました

私も喉が治らないまま…夜中咳こんで目が覚めるし(〒_〒)

今日は二男のお昼の心配もないので
時間の許す限り寝込むことにします
おやすみ〜(*v_v*)zzZ


で、チビはスッキリした顔してるんだよな…f^_^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

(//▽//)ドッキン★


今朝は旦那さまに「朝だよ〜」と起こされ
半分寝ぼけていると…下着をおろされて
いきなりkiss★

きゃいん(☆o☆)ビックリして目が覚めました。

今日は時間の余裕、なかったから
エッチはしてませんけど…。

★画像は削除しました♪(*^ ・^)ノ⌒☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春なので

今日は立春
暦の上では『春』ってことで…


春先取りで昼寝準備中です
『春眠暁を覚えず』ってヾ(≧∇≦*)ゝ

いやいや、単に風邪薬のせいか眠くなっただけですが。

あ、教えて貰った生姜入りの紅茶、甘くして飲みました。
うん、あったまって喉に優しい感じ♪

今から少しお昼寝します(#^-^#)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

節分だから丸かぶり

はいはいはい★
今日は節分だよ〜季節の分かれる前日
って事での節分

昔は1年に4回あったけど、今は立春の前日のみです。

丸かぶりが全国区に広がったのも
つい何年か前からですが
今年に入って初めて見つけた「丸かぶりコロン」

残念ながら今日買い物に行った店にはなかったけど
セブンなんとかのコンビニあたりで置いてあるはず
(買って写真アップしようと思ってたんだけど…残念っ)

長さは30センチくらいだったか、結構長く
味も3種類くらいありましたかね。

小さいお子ちゃまなんかは細巻きでも多いから
こういうのだと喜んでボリボリ食べちゃいそう(*^-^)b

しかし太巻きの丸かぶりって鬼の金棒に見立てて…ですが
あんなに柔らかい太巻きやコロンじゃ、
殴られても全然痛くないっし〜。
なーんて思っちゃったりしてぇ〜ヾ(≧∇≦*)ゝ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 15-3~年末年始~

初心・uigokoro 15-3~年末年始~

まだ、年も明けてないのにそろそろ人が出歩いている。

待ち合わせの場所に行くと、私の初めての着物姿に夕貴は驚いた様子だったけど

「良く似合ってる。綺麗だよ。」

そう言われて妙に恥ずかしくうつむいた。

「着物で行くね」なんて言ってなかったからどんな反応をされるか不安だっただけに嬉しかった。

先輩、ありがとう・・・思い切って着てみて良かったです。

あ・・・そうだ。

「夕貴にクリスマスの日、『ごちそうさま』って言うの忘れてた!!」

そう言うと、ちょっとビックリした顔をしながら笑っていた。

今更って感もあるけど、ありがとうってちゃんと言っときたかったから。

少し時間があるねと、あいている蕎麦屋さんへ寄った。自宅で食べている人が多いのだろうと

思っていたが、結構店内は混んでいた。

席を待っている時間ふと思い出したように夕貴が

「そういえば、叔父さんがまた食べに来いって言ってたんだ。みちるの事気に入ったみたいで・・・」

「え?どうして?」

ようやく席があき、案内された。

「お皿を下げるとき、君が『ごちそうさま、美味しかったです』って言ってくれたって。
そういう反応って、料理作ってる者はやっぱり嬉しいからって。」

何だか普段と変わりなくしてたのでそう言われると照れくさい。

続く言葉を探していると、ちょうど注文した蕎麦があがった。誤魔化すように

「あ、年越しそばって、黙って食べるものだって言わない?今から食べ終わるまで喋っちゃ駄目だからね。」

蕎麦を黙々と食べ、食べ終わる頃にはお互い顔を見ながらおかしくなって笑った。

店を出て、並んで神社へと向かう。

まばらだった人が次第に増え、はぐれないようにと互いの手をつないで歩いた。

最近なんだか、自分の周りが暖かくなっているように感じ始めた。

参拝する人の多さじゃなく、気持ちが穏やかになってくる暖かさ。

ほんの少し前までは、些細なことにも傷ついて
自分の中で何かしら言いようのない空虚な感覚を覚え、
仕事もこのところ言われた事をこなすのがいっぱいいっぱいで、
周りの人や景色を見る気持ちの余裕すらなかった自分に気づいた。

そんな自分の事を心配して見守っていてくれていた先輩や、

こんな気持ちにさせてくれた夕貴に感謝した。

そして・・・
いつも私の傍にいてくれた真由。

・・・。

そうだ、真由に電話しなくちゃ。

もうあれから1週間も経っているのに、私は未だに連絡できないでいた。

今なら真由に「今まで私が寂しい時に傍にいてくれてありがとう。」って素直に言える。

事情は良く分からないまでも、真由の話を聞いてうなづいてあげるくらいなら出来る。

今が、真由の力になれるときなのかもしれない。

夕貴と初詣を済ませ、家に帰り着物を脱いで横になった。
脱いだ着物をハンガーにかけ風通しの良い場所に干した。

まだ、ぬくもりを持ったままの着物を見ながらついさっきまでのことを思い返していた。

横になったまま少し眠ったようだ、朝になって先輩にお礼と今日の報告とを兼ねて電話した。

ふぅっ・・・っと深呼吸して携帯を見つめた。

さてと、何て言い出そうかな?

メール・・・の方がいいかもとちょっと気弱になった。いやいや

「こんな時こそ、電話だわ!!」と自分で自分に発破をかけるように真由の番号にかけた。

ドキドキしながら耳にした音声に身体が固まった。

「この電話番号は現在お客様の都合により・・・」

あれ・・・どういうこと?着信拒否?どうして???

でもメールなら繋がってれば届くはずよね?えっと・・・新年だから・・・

>あけましておめでとう 真由、今度いつ逢える?

一抹の不安が頭をよぎった、

送信してしばらくするとメール受信の曲が流れ、携帯を手に取ると

送信先エラーと綴った文章が戻ってきた。

    <16-1>へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在体脂肪率21%♪(*'-^)-☆

最近、ルリエルが真面目にはかってるのが
お風呂たいむの前に体脂肪率と体重

ま、もともとはちょっと太めのチビりぃを
春までに何とかしたいってゆう
チビりぃダイエット計画なんですが

ついでに私もはかってみる


このところ21%台をキープ…


なかなか良い感じじゃん!?
体重もある程度落ち着いてきた(・ω・)/

私、体脂肪20%超えること、なかなかなかったから
冬場はカラダの冷えとかも厳しかった

いっとき、15%の頃は自分で見てもガリガリで
あ〜(^_^;)肋骨の数が分かりそう
何て不健康そうなカラダなんだぁ〜★
って思ってました。

だからこの両方の数字が増えたのは
ちょっと嬉しいかな?

今年こそ、健康的で女性らしいカラダを目標に…♪
と思ってま〜す♪(*^ ・^)ノ⌒☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 15-2~年末年始~

初心・uigokoro 15-2~年末年始~

そして、大晦日

余り遅くても迷惑なので夜の8時頃、用意した振袖を持って先輩の家に向かった。

シングルマザーだとは聴いていたので夜でも旦那さんに気兼ねはいらないわよと冗談めかして言われた。

マンションのドアの前で荷物を持ってベルを鳴らそうとすると先輩に良く似た女の子がドア開けて出迎えてくれた。

訊けば今年で中学3年生になるという。

ショートカットのその子が笑いながら

「ねぇ、お姉さんってお母さんの会社の人?」と話しかけてきた。

「ほらほら、お姉さん着替えるからあっち行ってて。」

先輩は手際よく、襦袢を着せると小物を並べ、持ってきた着物の丈を合わせて腰紐を結んだ。

数日前、晴れ着にすると言ったはいいが、振袖しか持ってきてないことに気づいて慌てて先輩に電話をした。

「松井先輩、実は私振袖しかなくって・・・。」

「いいじゃない、振袖。せっかくあるんだったら着てあげなさいよ。
振袖なんて独身の若い内しか着れないんだから・・・。」

そう言われて持ってきた振袖は、赤の映える古典柄。

もう少し落ち着いた色にすれば良かったかなぁ?と思いながらも持ってきた。

そのときの会話をこの日も繰り返していた。

「若い内・・・ですか。」

「そぅよぉ~、独身でもさすがに私は着れないもん。羨ましいわよ。」

そんな事を話ながら着付けをして貰った。軽く髪をセットして貰っていると娘さんが来て着物姿を褒めてくれ

少し照れくさそうに先輩に何か小声で告げた。

「ねぇ、この子美容師さんになりたいって言ってて・・・良かったら練習させてあげてくれない?
いつも休みの日は私が練習台なんだ。」

そう言うと笑いながら娘さんの様子を見ていた。

普段の先輩とは違うお母さんの顔を初めて見て、何だか胸が熱くなった。

娘さんに髪を整えてもらいながら私は夕貴との初詣の事を考えていた。

一緒に年越しをしようなんて、恥ずかしいかな?なんて思いながらドキドキしていた。

先輩と娘さんにお礼と別れを告げると荷物を置きに一旦家に戻った。

夕貴との待ち合わせの時間を確認し、もう一度家を出た。

<15-3>につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 15-1~年末年始~

初心・uigokoro 15-1~年末年始~

会社の忘年会もなんとか無事に終わり、ようやく仕事納めそして年末。

そうそう、あれからメールを送ったら年明けに初詣なんかどうだろうと

いう事になり夕貴と初詣、一緒に行く事に決まった。

忘年会の帰り道、みんながてんでに帰るのを見送っている松井先輩に呼び止められた。

少し雑談をしていると急に悪戯っ子のようなクルクルとした目で

「ねぇ、加藤さん。初詣、彼と行くんでしょ?」

と訊かれた。

「えぇっ!!」

突然、何の脈絡もなく訊かれた上に図星だったものだから、非常に困った。

私「突然」って出来事に弱いんだよね、すぐに答えられなくてモジモジしていると

「初詣、何着ていくの?スーツ?着物?」

と畳み掛けるように質問が・・・あぁ・・・こまったぁ。

「あの・・・えっと・・・。」

「何でそんな事訊くのって顔してる。あなたって正直ね。」

くすくす笑うと先輩は私のおでこを突付いた。

「忘年会のときも何だか上の空だったし、最近良くにこにこしながらメールしてたし・・・。」

にこにこ・・・してたのかしら?私?

「今日だって・・・お店のカレンダーとか妙にそんなトコばっかり見てたわよ。それにね・・・。」

まだ何か不審な行動してましたか?ドキドキしながら先輩の口元を見ていた。

「最近のあなたは綺麗になったわよ。数ヶ月前は何だか落ち込んでたように見えて心配だったんだけど。」

「先輩・・・。」

ちょうど前の彼と別れた頃・・・。
そんなにありありと分かるほど普段と様子が違っていたのかな・・・。

不安そうな顔をしていたのか、打ち消すような明るい口調で先輩は話を続けた。

「あ、ごめんね。変な意味で言ったんじゃないわよ。だから折角あなたを元気にしてくれた彼と行くんなら綺麗にして行きなさいね。それと・・・。」

彼女はキュッとウィンクしながらこう言った。

「着物で行くんなら、まだ美容院予約してないなら着せてあげるわよ。って言おうと思ってたの。勿論あなたが嫌じゃなかったらだけど。」

この人はいつもこんな風に周りの人の様子を気にしてくれてる。

職場の雰囲気がいつも穏やかなのは、こんなふうに同僚の細かい様子をいちいち気にかけてくれるからかもしれない。

そうか、着物か・・・一応、持ってはいるけど自分で着る事も、着る機会もなかったから仕舞ったままだな。

そう思ったのもあり、先輩の心遣いが嬉しくもあったのでその言葉に甘えることにした。

「ありがとうございます、でもいいんですか?お邪魔して・・・。」

「ウチって・・・お客さん普段来ないから、子どもも喜ぶわ。彼と待ち合わせの時間より2時間は早く来てね。」

そう言うと素早く住所と目印をメモして私に渡すと、丁度来たタクシーに乗って帰っていった。

晴れ着、帰ったら用意しとかなきゃ・・・。

そんな風に思いながら、松井先輩が私の事を気にかけてくれてたことが余計に嬉しかった。

仕事もきちんと出来てしっかりお母さんもしているのに、後輩の一人でしかない私にもこうして親切にしてくれる彼女の心配りが嬉しかった。

だから誰からも好かれるんだよね、仕事ではちょっぴり厳しいけど。

<15-2>につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたの風邪の治し方

是非訊きたい

「風邪の治し方」


今日はチビりぃは学校をお休みし
二男すろぅは発熱でお迎えでした


昨日怪しい3人で病院行ったけど
やはり…って感じです┐(´ー`)┌

そういう私も食後に飲んだ眠くなる風邪薬で頭がボーっとしてます。

まぁ、薬飲んでとりあえず睡眠が一番かな〜?と思いますが

「コレ凄く効きます」ってのがあれば
是非教えてくださいましまし(・ω・)/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »