« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

あなたの着メロ教えてください

おはようございまーーーす

さて、突然ですが皆さんの着信音は何ですか?

ルリエルはイロイロ変えましたが今の着メールは


マッキーの「どんなときも」です


♪どんなときも
どんなときも
ぼくがぼくらしくあるために…

ちなみにちょっと前までは「おしりかじり虫」でした^^

だってチビりぃが喜ぶんだもん。


着信音は滅多鳴らないけど
柴咲コウちゃんの「KISSして」にしてます。

元気そうでイイかな~?って。


今はあえて着メロ統一してます(#^-^#)

メルマガ来ても、コメントメール来ても一緒だから動揺しません(笑)


皆さんの着メロ&着信音は何かな~?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

間違い電話

8時前、チビりぃと
登校班の子どもたちと一緒に学校へ…。

風邪ひいて喉が痛いから余計に

朝のこの時間の寒さが堪えます(ρ_-)o

あれ?
朝から携帯が鳴りました
誰かな〜?
メールはあっても電話は珍しい


と、思って出たら間違い電話

しかも昨日事故した相手に間違えられたようで

「〇〇さん、私、首が痛いんですけど…」

知らんがな(|||_|||)私も喉が痛いがな。

自分の名前と番号を言って確認しようかと思ったけど
万が一もあるので言わなかった

でも

なんか朝からヤだなぁ〜(-"-;)

だいたい昨日は徒歩で
チビりぃのお迎え行ったくらいしか
外出してないのに…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

喉がイタい…(´・ω・`)

朝起きたときから喉がぁ〜


イタいっす(ノ_・。)

どうやら風邪ひいたらしいです


おっぱいマッサージ、昨夜はしてないのに…(←ってヲイッ!!)


急に雪降ったりで寒くなったからでしょうね。

あったかくしていよっと…(#^-^#)


夕ご飯、温まるモノって言ったら
やっぱり鍋かなぁ〜?


あ〜キムチ買っとくんだったな…。
キムチ鍋出来たのに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お風呂で悲鳴

こないだ、一人でゆっくりお風呂にはいってると


旦那さまが仕事から帰ってきて一緒に・・・(〃∇〃)



あ~今、脱いでるなぁ、そろそろ来るなぁ~と思ってたら

後ろ向きの背中が寒そうと思ったのか

私の背中にお湯を・・・


ザーーーっと・・・




「ほげぇぇぇぇぇぇぇ~~~~~!!」



「えっ!?何?」

そりゃそうだ・・・。親切でお湯かけてくれたんだから・・・。


でも


「いまパックちゅうぅぅ~~~(T▽T;)」


「え?どこが?」


「おっぱぃが・・・。」


「え?」



例の石鹸で胸パック中だったので

全部流れちゃったよ・・・。



あぁぁぁ・・・・冬はチャレンジするもんじゃないですね。

夏から始めるべきだったかな・・・。

パックしてる間、やたら寒いし・・・。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツインテール(*^-^)b

★ツインテールの写真は削除しました★

あれからやはり雪はかさを増し

どんどん積もってます
明日は寒いだろうな〜。

今、熱めのお風呂に浸かって
汗だくだく流してます

排卵日と、ちょっぴり風邪?
冷えたのかお腹痛いから
早く寝る予定です

みなさま、
おやすみちゃ〜い♪(*^ ・^)ノ⌒☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒いと思ったら…

寒いと思ったら…
雪ふってきた


どうも空が灰色だと思った



小粒だけど重たそう
今夜、積もるかな…?


寒いと部屋の中で、
半天が離せません(*^-^)b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

変な夢と憂鬱

一昨日に見た夢は、久しぶりに変で

なぜか 知らない人に犯されそうになる夢でした

しかも私は夢の中では処女なのね。

この時点でおかしい(3人も出産してて処女はないだろぅ)

と、起きてから夢に突っ込み入れたくなりましたが、

夢の中ですから。

どんな経緯だったか、大まかのことは忘れちゃったのですが

友達とどこかに泊まりに行って(どうやら勉強とか研修っぽい)

そこで私がこっそりテレビを持ち込んで(←この辺がすでに意味不明)

友達とこっそり見てましたら、

バレまして

どうやらいけない事だったらしくかなり怒られまして

その知らない人に襲われてたんですね。

あ~見せしめってか罰だったのかも・・・。

で、夢のクセに凄く痛いんですよ、(何が?って訊かないように)

で、結局入らなくて助かったんですが・・・。

朝っぱらから何ちゅー夢見てんのかしら?と起きてからドッと疲れがきました。

そうそう、ちょっと前にピル止めてから久々のエッチしたんですが

「今、ピル飲んでなかったんだっけ?」と終わった後で言われ

「うん。」と答えると

「ごめん、ちょっと中で出ちゃったかも・・・。」

「ひぇぇぇぇぇ~~~~!!」

ピル止めた途端に妊娠なんかしたら・・・洒落にもなりませんけど!?

あぁぁぁ~~変な夢はこれの影響だったかもしれない・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 14-2~心恋(うらこい)~

初心・uigokoro 14-2~心恋(うらこい)~

日に日に夕貴の存在が自分の中で大きくなっていることに気付いた。

うぅん、違う。目をそらしてきたんだ。自分が彼を異性として意識し始めている。

昔は・・・私がお姉さんなんだからってそればかり考えていたっけ・・・。

それと同時に今の自分が彼に頼っているという事も改めて感じた。

>昨日のお詫びに何処か遊びに行こうか?

打ちながら苦笑いした、私がお姉さんなんだから・・・っていう気持ちがなくなったわけじゃないな。

でも夕貴と交わすメールはこんなに楽しくて、

彼に逢うとなんだか温かい気持ちになれる。

もしかして・・・私って彼の事好きになっちゃったのかな・・・?

でも彼がどう思ってるかは分からないから、言葉にするのはやめておこう。

打ち始めたメールを消して新しく書き直した。

>初詣、良かったら一緒に行かない? 

昨日の今日で遊ぼうっておかしいよね?それに・・・

予定は先にあるから、待ってる時間が楽しみなんだもん。

そんな事を思いながら今日は一日過ごしてしまった。

もうすぐ忘年会もあるんだな、夕貴はいつだろう?

飲みすぎたりしないかな・・・と思いながら又ひとりおかしくなった。

それは私の方か、あの日の記憶が途中からないもん。

そういえば・・・私、ベッドまで行った記憶がないな。今度、真由に聞いてみよう。

年末は何かと忙しいだろうから、年明けにでも聞いてみよう。

すぐに連絡しなかったのはまだ真由に逢ったときどんな風に接していいか、

迷っているというのもあった。

真由の恋愛を「応援してあげる」なんて私からは言えなくて。

だからといって中途半端に接してしまう事も、変にあおる事も出来ない。

私が深く相手の人のことを訊けなかったのは

「どうせ、言ったってみちるには分からないでしょ?」と言われると思ったからだ。

そう、分からないよ私には・・・。

どうしたらいいのか。

あなたにどう言えばいいのか・・・。

       <15-1>へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 14-1~心恋(うらこい)~

初心・uigokoro 14-1~心恋(うらこい)~

遠くなる夕貴の後姿を見送りながら大きく「はぁっ。」と息をはいた。

ほんの少し気持ちが軽くなった。

少し・・・うん、いやどうだろう?いっぱい?

今朝夕貴と逢えて話せたからかもしれない。

それにしても・・・真由はあれから帰ってどうしたんだろう?

ちゃんと自分の家に帰ったのかな?

そう思う気持ちと、なんとなく変な気持ちが入り混じった。

どうもここ最近の彼女の様子がおかしすぎる。

本当はもっとサバサバした子なんだよね、見た目よりずっと・・・。

「仕事の手が止まってるわよ。どうしたの?」

不意に肩に誰かの手が触れた。彼女は自分に仕事を教えてくれた先輩だ。

「あ、すみません松井先輩。」慌てて机の上の伝票に手を置いた。

「具合悪かったら早退してもいいのよ。まだ風邪はやってるし・・・。」

「大丈夫です。すみませんでした。」

あ・・・

「あの、先輩・・・。」

「なに?」

「え・・・っと・・・やっぱり何でもありません。」

松井先輩はくすっと軽く笑うと年末の忘年会の出欠を皆に聞いていった。

「もう少しで年が明けちゃうな~。何だか・・・」

何だか今年は色々な事が起こりすぎて、早く過ぎたように感じるな。

クリスマスが過ぎたら忘年会、大晦日か。

そうそう年が明けたら初詣・・・どこに行こうか、やっぱ近所の神社かな・・・。

だれと・・・と思いながら頭の中に浮かぶ人を慌ててかき消した。

真由だけじゃないよ、変なのは・・・私もだ。

<14-2>につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがチョコって知ってる?

バレンタインに送るチョコ・・・って毎年悩んじゃう。
だって私の誕生日はそのすぐ近くなのに
なんだかなーーー(_ _。)






でも、ウチは男の子3人で、しかも貰うアテが私だけなんで
(それも悲しいぜ★)どんなのが良いかな~?って探します。


あ、安くて美味しいやつねヾ(@^▽^@)ノ


ちょっと前に近所のお店で見た
「ウォンカのチョコレート」(チャーリーとチョコレート工場のヤツね)
なんかも気になりましたが
(ちゃんと何個かにゴールドチケットが入ってるらしい)


此方もナカナカ面白い★




ありがチョコ
ありがチョコお取り寄せ


このチョコは抹茶のトリュフで


ありがとうメッセージがQRコードで添えられるそうです。
携帯でそれを読み取るとメッセージが出てくるんだって♪


1箱2個入りで5箱セット
5人の人に「ちょっぴりありがチョコ」っと渡せます(笑)


送料が別って書いてたので見たら



クール便が800円、通常は600円でした。



ありがチョコ
ありがチョコ


でもウチは量が欲しい子たちだから2個づつじゃ足りないかもなぁ~。
あぁぁ・・・ってか私が欲しいんだけど。
誕生日と一緒でも良いからさっ★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 13-2~クリスマスの夜~sideC 真由編

初心・uigokoro 13-2~クリスマスの夜~sideC 真由編

あの人との事をあなたに言うつもりなんて本当はなかったの、

だって・・・そう言うとあなたに嫌われちゃいそうだったから・・・。

でも、どうしても一人が寂しくて、寂しくて・・・つい言ってしまったの。

それに・・・きっとあなたは怒るだろうと思っていた。

「婚外恋愛」なんて世間では言われているけれど

所詮「不倫」や「浮気」という事だとは自分でも分かっている。

相手に対しても、わたしに対しても怒ると思っていたの。

だから・・・言えなかった。

でもあなたがわたしを心配してくれる、わたしの味方になってくれると思ったら

今度はあなたを手放したくなくなったの。

彼からみちる、あなたをわたしの方へ引き寄せたくなったの・・・。

ごめんね、自分勝手な気持ちばかりを押し付けて・・・。

眠ってる彼女の服を脱がせながらその身体を抱きしめた。

あたたかいな・・・本当はこのまま抱いていたい・・・。

でも風邪をひかせちゃいけないと思い直し、パジャマに着替えさせた。

いつの間にか、外が明るくなってきた。

もう少ししたらこの部屋を出よう、朝ごはん何が出来るだろう?

冷蔵庫を見ると卵とハムとレタスが見えた。サンドイッチでもつくってやるかな。

女性の一人暮らしの家の鍵を開けたまま出るのは相当気がひけたけど、

合鍵持ってるわけじゃないし、と悩んだすえ目覚ましを5分後にセットした。

それからすぐにメールを連続で入れて起こしてあげよう。

・・・そういえば、もうひとつ、みちるに言えなかった事がある・・・

「ねぇ、どうして言ってくれなかったの?」

クリスマスに一緒にいて欲しいと彼女に言った日、こう言われた。

あのね、あなたは大切な友達だから嫌われたくなかった、これも事実・・・だけど。

「みちる、人って弱くてずるい生き物なの、

否定されたり反対されるかもしれない人に相談は出来ないの。

肯定してくれる、背中を押してくれる人にしか相談しないものなのよ。」

わたしは自分に言い聞かせるように呟くとみちるの部屋をあとにした。

 <14-1>へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 13-1~クリスマスの夜~sideC 真由編

初心・uigokoro 13-1~クリスマスの夜~sideC 真由編

みちるったら・・・なかなかトイレから帰ってこないと思ったら・・・。

少し酔ったようで横にはなってたけどちょっと軽い物作ろうと

身体を起こすと廊下で寝ているみちるに気付いた。

壁際に寄りかかって寝ちゃってる彼女の身体を起こそうとして

ふと掌に握られたままの携帯に目が止まった。

あれ?送信途中・・・だわ。

内容を見るつもりはなかったが、何となく手にとってみた。

送受信の記録を見ると・・・今日耳にしたばかりの名前が並んでいるのをみて

思わず顔がほころんだ。

「みちるったら・・・。」こんなに頻繁にメールし合ってる人との時間に

わたしを誘ってくれたと思うと申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

片手でみちるを支えながら途中で途切れたのメールの続きを入れ始めた。

>こんばんは、今日はごめんなさい。
 私、みちるの友達の森本真由です。

いきなりこんな事を勝手にしちゃったけど、みちるに対しての申し訳ないと思う気持ちがそうさせた。

>驚いたでしょうね、あとでちゃんと消しておくから大丈夫ですよ。
 あの子メールしながら眠っちゃったみたいだから・・・。

わたしは驚く彼の様子を思い浮かべながら、横目でみちるを見てくすっと笑った。

>どういうつもりなんですか?

しばらくして返信が来た。そうね、どうしてだろう。

自分でも良く分からないから答えようがない・・・。

とりあえずは今日の事を説明とお詫びを入れようと思った。

来るか来ないか分からない相手の返事を待っている暇はないので矢継ぎ早にメールを送った

早くしないとみちるが起きちゃう・・・。

>私、あなたがどんな人か見に行くつもりで今日行ったんですよ
 本当は先に酔わせてあの子だけ連れて帰るつもりでした。
 でも・・・結果こうなってしまったけど、
 今は申し訳ないことしたと思ってます。

>いつもあの子が乗る電車の時間を教えるから、
 明日逢って話をしてあげて。
 今日の事きっと気にしてるから・・・。

>わたしの代わりに・・・。

送った後でほんの少し後悔した。

わからない、しかもどうして最後のこの一文を送ったのだろう?

こんなにこの子を困らせてしまったから、

今さら彼女に合わせる顔がないと思っているのは事実だが・・・。

自分の行動にいささか驚きながらも、自分が今送った数通のメール記録を削除した。

「ねぇ、みちる・・・こんな所で寝てたら風邪ひいちゃうよ。」

「ん・・・ぅうん・・・分かったぁ~。」

見た目より力持ちと良く言われるけど、

半分眠ってるわたしより数センチほど背の高い彼女を抱えてはベッドまで連れて行けない。

肩を少し貸してなんとかベッドまで誘導した。

どさっとベッドに倒れこむみちるに話しかけた。

「化粧も落とさないで寝ちゃうなんて・・・肌が荒れちゃうよ、明日彼に会うっていうのに・・・。」

安心したのか、もう寝ちゃったみたいで彼女はされるがままだ。

クリームでそっと彼女の顔を拭いて化粧を落とした。

ねぇ・・・ごめんね・・・心の中でそう思いながら軽く彼女のくちびるに自分のくちびるを重ねた。

「わたし・・・みちるの事、大好きだったの。一番大切な友達だったの。」

<13-2>につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪降る日

今日はほんの少し暖かく
いつもは朝のチビりぃを送迎時間、マフラーしている私が
しなくても大丈夫な感じ。

昨日、一昨日はひときわ寒く
昨日は久しぶりに雪

ふわふわと大粒の雪が舞っていましたが
積もるほどではなく、すぐに溶けてしまいました。
でも雪が降る前の
一昨日のが寒かったなぁ…。

降って子どもたちの喜ぶ顔が見たいけど
車の運転があるときは降らないで欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萌え方言は好きですか?

萌え方言は好きですか?
って・・・言うのがアメブロのクチコミネタであったのですが
私は
「萌え~~~~~(///∇//)」
とは言わないけど、好きなのは
元気な時は大阪弁って好きですねぇ~。
あったかい感じと元気いっぱいな感じがして・・・。
あと京都弁
これも優しい感じで好きかなぁ~。
こちらは少し弱ってるとき
私の知ってる男性の方で出身が京都の方が居られるんですが
物言いが凄く優しくて癒される感じなんですよね。
疲れてたり、ちょっと落ち込んでたりするときは
その人と話をすると落ち着くって言うか癒される感じなんです。
喋り方や言い方って言うのは
方言もあるけど
その人の普段の口調や性格、人柄なんかにもよりますよね。
だから「萌え方言」って言うのとはちょっと違うんかもしれないな。
私の場合は特別
「ココの方言喋ってるから好き」って言うのはないなぁ。。。
皆さんは好きな方言ってありますか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

カレーの日だって★

昨日はカレーの日だったそうですね。

何でも学校給食で全国一斉にカレーが出たのが
1月22日だったそうな…。

何年の!?と言う部分を聞き逃してしまったんだけど…。

そういや自分の小学校で米飯給食が導入されたのは
私が小学5年生くらいの頃でした。
当時は月に1回のその日が待ち遠しかったわ。

偶然、我が家も昨日がカレーだったから笑っちゃった(#^-^#)

そうそう、そういえば市販のカレーのルー大柴は
火を止めてから入れた方が綺麗に溶けやすく
それから火を入れるとトロミがちゃんと付くそうですね。
そう箱に書いてるんだけど、
ついつい火を止めずに入れちゃうんだなぁ〜(´・ω・`)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イエス・ノーの法則

さてさて、今朝はアメブロ絶不調でしたが

お昼過ぎになんとか戻ったようですね。

ま、ココログのみに書く事もできたのですが

なんせ寒くてコタツから出れなくて・・・(ヲイ★)


そうそう、「イエス・ノーの法則」ってどこかで聞いたことないですか?

苦手な人に対する応対で・・・


まず相手を褒める(認める)

次に意見を言う(反対意見であったり)

この順番で話をするとスムーズだったりする。


逆の順番だと相手が聞き入れなかったりする場合もあるが

イエス(相手を認め)

ノー(意見する)だと受け入れやすい人間の心理なんだとか。


これって、

親子だったり、恋人(夫婦)でもそうじゃないかと・・・。


相手に対して「怒る」ってことは

自分の感情が入っている場合が多く

(特に子ども相手の場合)「叱る」のではなく「怒る」と

反抗されたりしますよね。


「怒る」と「叱る」は違うって、良く保育園や幼稚園で言われます。

「叱る」場合は本来「しつけ=躾」なんですよね。

漢字のとおり「身を美しく」=「本人が困らないように」の気持ちです

でも「おしつけ=押し付け」だと反抗されちゃうの。


そんな場合に「イエスー・ノー方式」使うと良いかもヾ(@^▽^@)ノ


それに・・・


怒るとパワー使うし、疲れるし、

しわも増えちゃうしね(*^-^)b


| | コメント (8) | トラックバック (0)

ミゾレじゃ〜ん(@_@)

寒い寒いと思ってたら
ミゾレ降ってましたよ。

明日はどうなるかな?

でも、この2年ほど私の居る地域では
雪が積もってないんです。

やはり年々暖かくなっているのかな?


現在チビりぃの通ってる小学校
10〜12年前に通ってた、あにぃ達の頃は
冬になると男の子も女の子も
ほとんどの子どもがジャージのズボン穿いてたけど

チビりぃも、他の子ども達も
ずっと半パン&スカートなんだよね。

こんなに寒いのに…
「朝からみんなお疲れさん(≧▽≦)ゞ」
って思っちゃいます。
ま、一緒に登校付き添ってますがね…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最初から最後までクライマックスだぜ!!

あ〜☆

ついに終わっちゃったよ
仮面ライダー電王


今回、久々に最初から最後まで
ほとんど見てたよ。

健くん、可愛い(=^▽^=)
って素直に思うのは息子達の年齢に近いからだったかな。


んで突っ込みどころ満載のイマジンたちのキャラ★


かーなーりーツボだった(*^-^)b


次回作はちょっとシリアスっぽい感じだった
今度のはどうかな?
またハマるかな〜!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 12-2~友達~

初心・uigokoro 12-2~友達~

「あのさ・・・。」

「うん、なに?」

「いや・・・なんでもない。」

言いかけたが飲み込んだ。

言わない方が、知らない方が良い。
また彼女が不安になるだろう・・・。

みちると電車で分かれてから、昨夜の事を思い返した。

>彼女、大丈夫だった?(^-^)

 みちる・俺、気にしてないよ、また一緒に遊ぼう。 

そう彼女にメールを送った。

いつもなら此処で終わるか、来ても「おやすみ」程度の返信だ。

彼女のメールはいつも短くて、それがほんの少し不安でもある。

携帯を閉じて歩き出すと再びメールの着信で震えるのを感じた。

「みちる?」

珍しいな、と思いつつ画面を見た。

>こんばんは、今日はごめんなさい。私、みちるの友達の森本真由です。

画面を見て動揺した、これ・・・みちるのメルアドだよな。

>驚いたでしょうね、あとでちゃんと消しておくから大丈夫ですよ。

 あの子メールしながら眠っちゃったみたいだから・・・。

ぎょっとした。
それにしたって・・・やっぱりこの人おかしくないか?
震える指で返信した。

>あなた、どういうつもりなんですか?

本当はこの時点でメールを返すべきではなかったのかもしれない
でも「ほっとけない」と追ったみちるの様子も気になった。

>私、あなたがどんな人か見に行くつもりで今日行ったんですよ、
 本当は先に酔わせてあの子だけ連れて帰るつもりでした。
 でも・・・結果こうなってしまったけど、今は申し訳ないことしたと思ってます。

>いつもあの子が乗る電車の時間を教えるから、
 明日逢って話をしてあげて。
 今日の事きっと気にしてるから・・・。

>わたしの代わりに・・・。

何となく返事を返せないでいたが、自分の伝えたいことだけ送信し終わるとメールが途切れた。

彼女に内緒で彼女の携帯で
こんなメールを俺に送ってくるなんて・・・。
そう思いながらも指定された時間に合わせて今朝来てしまった。

みちるは・・・いつもと変わらない様子だった。

彼女に逢って話ができたのは感謝しているが、やはり腑に落ちない。

思わずさっきも余計なことを言いそうになった。

昨夜も慌ててそのメールは消したのだが、妙な感覚はいつまでも残った。

だけど何となく最後の一文が気になって、頭から消すことが出来なかった。

   <13-1へつづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと1日

受験生の皆さん

あと一踏ん張り(・ω・)/


寒いからしっかり、温かくして
試験に臨んでくださいね。


去年のあにぃのセンター試験を思い出すよ〜。
本人もだけど、見てる私も緊張したっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 12-1~友達~

初心・uigokoro

<1-1>はコチラ

初心・uigokoro 12-1~友達~

「あ、ヤバイ・・・」

頭の中でクルクルめぐる「?」を振り払うように玄関を飛び出した。

慌てて出掛けたハズなのに、結局いつもよく使う時間の電車だった。

「おかしいなぁ~?」

誰にともなく呟いたのだが、目の前のおじさんがちらりとコチラを見た。

(あっ!!)と思いながら手で口を覆うと軽く会釈した。

良かった、空いてる。

よく、真由と座っていた席に腰掛けると窓の外に目をやった。

なんだか、昨日の事余り覚えてないんだけど・・・私、部屋に帰って何したんだっけ?

うーーーん???飲みすぎたのかもしれないな。

(携帯・・・そういえば夕貴にメールしたんだよね、私。

ちゃんと返事、送信したのかな?)

ちょっぴり自信がなかったのだが、送信しているようだった。

「ふぅっ・・・。」っと安心していると、肩越しに声をかけられた。

「おはよう」

「え?」

驚いて振り向くとそこに夕貴がいた。

「夕貴って電車だっけ?こんな時間に?」

それに夕貴はもう少し早い時間に行くはずなのに。

「いつもは余裕もって行ってるんだよ、昨夜は良く眠れた?」

「あ・・・うん。」

ちょうど・・・、本当にたった今、あなたの事思ってた・・・なんて言えないよ。

あまりのタイミングのよさに驚きを隠せなくてうまく言えない。

「昨日のメール、ありがとう嬉しかったよ。」

「あ・・・。こちらこそ、ありがとう。」

そう言われて逆に申し訳ない気持ちになった。

「ごめんなさい、嫌な思いさせちゃったかもしれないし・・・。」

「彼女とは、仲直り・・・っていうか、ちゃんと話は出来たの?」

「うん、詳しいことは言えないけど、私が心配すると思ってって・・・。」

「そうか・・・。あのさ、実は・・・」と言いかけて夕貴は口をつぐんだ。

「え?何?」

「いや、なんでもないよ。また連絡する。」

そう言って、ちょっと寄るところがあると彼は先に電車を降りた。

手を振る彼の姿を見ながら、言いかけた言葉がほんの少し気になった。

でも、いつもと変わらない様子の彼に会って安心した。

<12-2>へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 11-2~憶えていますか?~

初心・uigokoro 11-2~憶えていますか?~

ほんの数ヶ月だった、彼女と付き合ったのは。

彼女は卒業を機に「さよなら」とぼくに告げた。

「夕貴くん、ありがとう・楽しかったわ。」

差し出す手を戸惑いながら握り返すと笑いながらそう言った。

「もう、逢えないのか?」

うぅーーーん・・・と何やら言葉を探すようなふうで

「そうね、ユウキくん、受験生になるしね。勉強頑張ってね。」

「みちるさんは進学するの?それとも就職?何処?」

「だめ、教えない・・・。」

「え?どうして?ぼく遠くでも逢いに行くよ。」

くすくす笑いながら何となくはぐらかされた。

「ユウキくんが・・・そうね。

あと10年後くらいだったら分からないけど・・・。」

悪戯っぽくおでこにキスすると彼女は俺の前から姿を消した。

********************************

実際、10年間も彼女だけを思ってきたのではないし、

今までに付き合った女の子も何人もいる。

だけど、何処かでもう一度逢えるような気がして仕方なかった。

あの日、偶然彼女を見つけたとき、苗字を聞くのが怖かった。

それに俺の事を憶えているかも分からない。

だから憶えていてくれた事が、純粋に嬉しかった。

いま、無理に引き寄せるとまた目の前から消えてしまいそうで・・・。

・・・今度はゆっくり待つから。

 <12-1>につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 11-1~憶えていますか?~

初心・uigokoro

<1-1>はコチラ

初心・uigokoro 11-1~憶えていますか?~

みちると出会ったのは俺がまだ中学2年の頃。

彼女の通う高校の文化祭で何て言ったのだろうか?

ほとんど初対面の相手に俺は「付き合ってください」と言ったのだ。

「はじめまして!!あの・・・。」

「なんでしょう?」

振り向いた彼女は穏やかな笑みを浮かべて俺を見ていた。

そのとき、ただ・・・「お友達になってください」と言ったのか、

「ぼくのお姉さんになってください」と言ったのかは憶えていない。

まだ中学生の自分の言う事をどれだけ真に受けてくれるかも分からなかったワケで。

「いいですよ。」

それなのに思いがけずあっさりと承諾してくれたものだから驚いた。

それから、彼女が卒業するまでの数ヶ月をぼくらは一緒に過ごした。

でも、彼女にとって俺は弟のようなものだったのだろう。

当時は身長もまだ彼女よりちょっぴり低かったし・・・。

そう、彼女とは姉弟のような関係だった。

本当のところ、俺はみちると文化祭で初めて会ったのではない。

きっと、彼女は覚えてないだろう。

週に何度か同じバスに乗り合わせていたのだ。

高校受験を1年半後に控えた俺は、バスで隣街まで塾に通っていた。

その時、高校生がたくさん乗っているのを目にした。

彼女はその中の一人だった。

特別目立つひとではなく、俺も特に気にかける事もなく、

あと幾つの停留所を過ぎるんだったろうかと窓の外をぼんやりと見ていた。

バスが止まって小さい子どもを連れたお母さんらしい人が乗り込んできた。

そんなに混んでいるではないのだが、誰も席を立つ人はいない、

自分も立っているからどうしようもない。

周りを見ても他の学生も席を立つ人はいない・・・。

と思ったときに一人の学生が席を立った。

「もう、私降りますから。」とその親子に席を譲った。

お母さんのひざに女の子が座ると「ありがとう」とその人に言った。

そして、次の停留所でその人は降りてしまった。

何だか、無性にその人が気になって慌ててバスを降り、その人を探した。

近くの書店に入ったその人はしきりに時計を気にしながら、週刊誌をぱらぱらとめくっていた。

そっと、近くに寄って本を探す振りをしながらその人を見ていた。

数分後、店を出て彼女は同じ方向のバスにまた乗った。

俺が降りても彼女は乗っていた。

今、降りた場所よりも本当はずっと先だったんだ。

このひと、いつも何時のバスに乗って帰るんだろう?

何度か同じバスになったとき、出来るだけ目立たないように彼女の近くにいるようにした。

車内での友人との会話から、名前と学年を知った。

制服や校章から何処の高校かは分かったので、学校見学という名目で

文化祭当日を狙い、思い切って逢いに行ったのだった。

<11-2>につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

征服されたい!?

アメブロで
「征服されたい?」
ってゆうブログネタがありました。
制服かぁ~?
嫌いじゃないんだけど・・・。
ってゆうボケは置いといて。
征服って・・・どの程度なんでしょうねぇ。
んーーー?
よほど嫌いな人じゃなかったら征服ってゆうか
リードしてくれる人って良いですよね。
ま、絶対服従とか言われたら殴りそうですが
多少は意見を聞いてくれて・・・って程度なら
いいかもしんなぃ。
「全部任せる」とか言われると
「えぇ~~~(-"-;A」
って感じですが、逆も
「えぇ~~~(´Д`;)」
あれ?結構ワガママなのかもしんなぃ。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ちょびっと…★

ちょびっと…★
昨日、泡立てて写してみたけど
思ったより曇っちゃったな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

イイ湯だな(´∀`)


寒い季節の動物園とかの映像で
お猿さんが温泉入ってるのって
気持ち良さそうでイイよね〜(*^-^)b

はい、ルリもあったまってきました。

そうそう、福袋にあった乳首がピンクになるソープ
なかなか泡立てが難しくて…。

ちゃんと泡立つようになったら
使用中の写真なんか撮れるかな?

あ、入浴中の写真は削除しました(^-^)ノ~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

キター!!(*´Д`)=з

やっと来ました、お客さま。


実は気になってた事が
本日一歩前進♪


あれ?
ホッとしたからかしら。
あ!?


でも同じ腹痛でも、来そうでこないより
出血あって痛い方が気分的にラクです。

ぽんぽん痛いから、今夜は早く寝まーす★
おやしゅみなさーぃ(*u_u)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ぱくっ★(#^-^#)

ぱくっ★(#^-^#)
たまには、こういうのも
良いかな〜?


今日は初めて行ったパン屋さんで
ちょうど焼きたてのパンをいくつか買いました

子どもたちのおやつにと思ってたけど
焼きたてのクリームパンがふにゃふにゃに…。

( ̄○ ̄;)
せっかく焼きたてで美味しそうだったので
クリームパン、余分に食べちゃいました。


あ、でもメロンパンは2個残してるんで
チビりぃと二男のすろぅのはありますよ〜。

あにぃは今度にして貰おう…f^_^;
バイトで帰りも遅いし…(ヲイ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お客さま来ないな…。

実は、金曜日あたりが
月に一度のお客さまの予定だったんだけど…。

お腹も痛くて
頭も痛くて…
でも、来ません。

来月、やっぱりまた
ピル貰いに行こうかな…?


うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 10-2~クリスマスの夜~sideB 夕貴編

初心・uigokoro 10-2~クリスマスの夜~sideB 夕貴編

「なんだ、両手に花かと思いきや、一気に振られたな。」

この店のシェフでもある俺の叔父さんが近づいてきて言った。

「今日は・・・ある程度は予想していたから仕方ないんだ。」

と、ぶっきらぼうに答えた。思っちゃいたけど・・・言われると辛い。

叔父は二人の出た方角を見やりながら、ほかの客の食事の進み具合を見ていた。

「後から出て行った子がお前の彼女なんだろう?」

「まだ、彼女じゃないかな・・・。」

ちょうど、ついさっき思っていたことを見抜かれたようできまり悪く答えた。

甥っ子のそんな様子を知ってか知らずか叔父は言葉を続けた。

「そうか、それにしても、あの子・・・。」

「うん?」

「お前が昔から言ってた好きな人が大人になった雰囲気だったなぁ。」

「そう・・・かな?」

そういえば叔父には、そんな事言ったこともあったっけ・・・。

残ったワインを飲み干すと叔父に今日の礼を言って席を立った。

俺は店をあとにしてひとり、家に向かった。

ちょっと飲みすぎたかもしれないな、冷たい夜風が心地いい。

それにしても、あの森本って云う人。

まるで俺を酔わせて潰そうとしてたみたいだ。

自分はほとんど飲まずに俺にばかり注いでいたからな。

なかなかタクシーも拾えないでイライラしていたのだが、そんなとき携帯にメールが届いた。

「この色・・・みちるだ。」

あわててメールを開くと、ほんの短い文章なのに気持ちが穏やかになった。

>夕貴へ  

 今日はごめんなさい・・・。

良かった・・・。

気にしてくれてたんだね、本当は今日の事を持ちかけられたとき、困惑したんだ。

やっぱり、俺の事なんとも思ってないからだろうって・・・。

安心したからか、思ったよりも冷静にメールの返事を打てた。

>彼女、大丈夫だった?(^-^)

 みちる、俺、気にしてないよ。

 また一緒に遊ぼう。

送信してふっと肩の力が抜けた。

待つのは・・・今更苦にならない。

今まで、充分すぎるくらい待ったんだから。

もう少し、君の気持ちが俺に近づくのを待つよ・・・。

「メリークリスマス」

今、こうして見上げた夜空の向こうに君がいる。

握り締めた携帯がふるふると体を震わせていた。

<11-1>につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成人式は何歳でした?

明日は成人の日

1月15日だった方が分かりやすかったなぁ…。

で、今年は長男あにぃが20歳になるので
私はてっきり今年が成人式だと思ってたんですが…


来年だったんです!
なんてこったい!?いつからだ!!
道理で案内状も来ない訳だよ。


でも私は20歳になる年で成人式だったのよね。

早生まれだから、1学年下の子たちと一緒でした。

今は学年で式をしているようですね。


成人式の記念に長男を袴姿で写してあげたくて
写真屋さんもさんざん回ったんだけど(笑)

ま、この経験を来年に生かしましょうかね。


★今年、新成人になられる皆さん
★子どもさんが成人式を迎えるご両親さま
おめでとうございます(^O^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 10-1~クリスマスの夜~sideB 夕貴編

初心・uigokoro

<1-1>はコチラ

初心・uigokoro 10-1~クリスマスの夜~sideB 夕貴編

みちるの友達の森本さんが席を立ち、次いでみちるも腰を浮かした。

困ったような表情だけど、きっと彼女は追うだろう。

そう思っていると申し訳なさそうに口を開いた。

「夕貴ごめん、今日はありがとう。」

やっぱり・・・本当は後日二人で飲もうと思ってたワインを手渡した。

「これ、みちるにプレゼント」

ラッピングしてもらってて良かったな。

「今日、飲んでたワイン。2人で飲みなよ。」

「ありがと・・・夕貴・・・あのね。」

「追いつけなくなるぞ、良いの?」

そう問いかけると、みちるは俺を振り返りながら、彼女の後を追った。

「やっぱりな。」

想像はしていたが、ちょっぴりショックだった。

なんだか、彼女と自分を天秤にかけられたような、そんな気持ちにすらなった。

みちるは・・・まだ、俺を異性として認めていないような気がしていた。

今回のことも俺と彼女が恋人同士なら振ってこない話だろう。

でも、分からないでもないか。

初めて会った俺でさえ、あの人は様子がおかしいと思った。

そして俺に対して・・・気のせいかもかもしれないが、ほんの少しの悪意を感じた。

みちるは・・・気付いてないのだろうか?

俺が、君の事を好きだって事に。

<10-2>につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 9-3~本当の気持ち~

初心・uigokoro 9-3~本当の気持ち~

朝からメールが・・・一体だれ?こんな時間に・・・。

>おはよう

 昨日はありがとう

「え?真由?」

周りを見ると彼女の姿はどこにもなく、部屋も片付いていた。

テーブルの上にはサンドイッチとコーヒーが用意されている。

と・・・途中から記憶がない

ちょっと自己嫌悪に陥っていると、次のメールが飛び込んで来た。

>言っとくけど、今日は月曜日だから。

 遅刻しないでね。

え?ちょっと待って!!

昨日は・・・そうだ!日曜日だったぁ~~。

ちょっと待って今、何時だっけ???

慌てて壁の時計を見ると、いつもより30分は早い・・・。

一人で苦笑いしながら、用意されてたコーヒーとサンドイッチを食べた。

真由、元気になったみたい。

安心した、と同時に今度はなぜか不安になった。

昨夜のメールでは夕貴は怒ってないようだったけど普通は、怒るよね。

・・・でも・・・私と夕貴の関係ってどうなんだろう。

昔の知人?それとも友達??恋人・・・いやいや違うよね。

そもそも私は夕貴と付き合っているのだろうか?

夕貴にとっての私の存在ってどうなんだろう?

「もしかして、夕貴は『お姉ちゃん』程度にしか思ってなかったりしてね。」

口に出してみて驚いた。私・・・彼の事、どう思ってるの?

「あ・ヤバいっ!!」

せっかく、真由が気を利かして早く起こしてくれたのに、いつもと同じ時間になっちゃう・・・。

思考を平日モードに戻しながらも、頭の片隅では「?」がいつまでも回っていた。

<10-1>につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルリエルの2008年は!?

シェルさんとこ にあったヤツ、2008年のライフカード



ルリエルでした場合。。。



チミの2008年カード
ルリエルの2008年カード
by ふりーむ! 無料ゲーム/フリーゲーム


もう産みませんってばーーー!!

妊娠が二つもあるってどぅよ!?



もう一個のHNでやったら

目覚めが3つにモテモテが1枚でしたヾ(@^▽^@)ノ


よしっ!!本名いってみよっか?

ひらがなだと

進化、害虫駆除に配当生活が2枚

ははは・・・配当生活してみてぇ~(///∇//)


漢字だとイマイチでしたぁ~。

哀愁に日記炎上、出家が2枚

しゅ・・・出家かよーーーー!?

| | コメント (4) | トラックバック (1)

初心・uigokoro 9-2~本当の気持ち~

初心・uigokoro 9-2~本当の気持ち~

何となく、彼女が言いたいことは分かったような気がした、

いや・・・まだ分かってなかったのかもしれないけれど

これで、夕貴と会えなくなるかもしれないとも思った。

自分が夕貴の立場だったら、私が今夜した行動を許せるのだろうか?

でも・・・考えても仕方ない、

私は今日こうしたかったから、自分でそう思ったから

真由を追いかけてきたんだもの。

「今日は私の家でお祝いの続きしようよ。ま、寝る所くらいはあるから。」

「うん、ありがとう。」

うっすらと涙で濡れた彼女の頬がなんだかとても愛おしかった。

「今日・・・ごめんね。」

「もういいから、少し休んで・・・。」

タクシーの中でしきりに謝る彼女の様子にまだほんの少しの違和感をおぼえたが、

部屋に戻って今度は二人でお祝いをした。

「誕生日おめでとう、真由。」

「ありがとう、今日の事・・・ずっと忘れないね。本当にありがとう。」

乾杯したワインを傾けるたびに、夕貴の背中を思い出した。

ちょっと風にあたってくる・・・とリビングを離れると携帯をひらいた。

>夕貴へ 

  今日は、ごめんなさい・・・。

一文字、一文字、メールを打つ手が震えた。

もう返事は返ってこないかもしれないけど・・・。

そう思ったとき、不意に携帯が震えた。

・・・そっか、音消してたんだっけ・・・

リビングで横になっている真由をうかがいながら、そっとメールを見た。

>彼女、大丈夫だった?(^-^)

 みちる、俺、気にしてないよ。
  
 また一緒に遊ぼう。 

自分でも不思議なくらいホッとした。

>ありがとう。。。

なんだか、最近私も少し変かもしれない。

今日あったこと全部、明日になると夢になってるといいのに・・・。

何故だろう、ふとそんな風に思ってしまった。

<9-3>につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初心・uigokoro 9-1~本当の気持ち~

初心・uigokoro

<1-1>はコチラ

初心・uigokoro 9-1~本当の気持ち~

私は夕貴にお礼を言うと、足早にその店を出ると真由の背中を追った。

こんな・・・こんな風に今、真由と別れちゃいけない。

なんだか良く分からないけど、そう思えて仕方なかった。

夕貴に申し訳ないと思いつつも、どうしてもここ数日の

いつもと違う真由が気になってしまったのだ。

「真由~!!」

まだ、そんなに遠くに行ってないはず。

あの子、今日はヒールのある靴だったし、こんな時間にタクシーもすぐには捕まらないだろう。

いつもはしていない腕時計を見るとまだ9時半だった。

少し離れた所でゆっくり歩いている真由の後姿を見つけた。

今日・・・そんなに飲んでないハズなのに、やけにふらふらした足取りの彼女。

本当にどうしたんだろう?

と、思っているとよろけて崩れそうになった。

慌てて駆け寄ると腕を少し乱暴に引き上げた。

「大丈夫!?どうしたの?」

あっ、と驚いた顔で彼女が顔を上げた。

「みちるこそ・・・あの人、ど・・・どうしたの?」

貧血だったのか、少し血の気のない顔してるけど声を聞いて少し安心した。

「あんたが気になって仕方ないから追いかけて来ちゃったのよ!!」

真由は一瞬意味がわからないような顔をしてたが慌てて

「バカ!!今ならまだお店にいると思うから戻りなさいよ、バカ!!」

「そんなにバカバカ言わないでよ・・・。」

「ばかだもん・・・。私なんか放っておけばいいのに。」

まだ少しふらついた足でゆっくり歩きながら呟いた。

「みちるって・・・昔から鈍いよね。あの人も・・・ホントは私なんか誘わなくても良かったのよ。

今日、私があそこに行ったのは・・・、みちるの事を諦めさそうと思って行ったんだから。

でも、思ってたよりずっと良い人だったから・・・あの場所にあれ以上居られなくなったの。」

「・・・。」

分かんない、真由の言ってる意味が分かんないよ。

「なんで・・・追いかけてきたの?」

「だってさ・・・」

私は一息ついて答えた。

「真由は・・・大事な友達だから。」

そう言うと、真由は絞るような声でこう言って視線を落とした。

「本当に・・・昔と変わってないよね、みちるは・・・。」

<9-2>につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更だけど、東京タワー

夕方の再放送見ながら


泣けるでぇ〜(ノ_・。)
とウルウルしてしまった。


あの時代だからこその声帯を残すオカンの決断


「声が出んかったら、まーくんと電話で喋れん。」

私もあにぃが一人息子で、あの状況だったら
同じように考えるかもなぁ〜。

当時はダイヤル式の電話だけが
遠く離れた息子と自分を繋ぐ道具で手段だったんだよな…。

そんなすぐに帰って来れる距離じゃないもんね…。


亡父が甲状腺の癌だったのもあり(父は癌は手術で治りましたが)
余計にウルウルきちゃいました。

あ★今夜11時〜初心・uigokoro〜更新予定です★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりHしちゃった(≧▽≦)ゞ

昨日は


どうやら子どもたちの居ない間に

買い出しや、昨年データの消えたSDを購入店に持って行ったり、
またもや怪しい電化製品、掃除機や炊飯器などを見に行くのだろうと
頭はすっかりお出かけモードだったのですが…。
だって、そんな風に言ってたもん。

「お風呂入る?」

「あれっ!?お出かけは…?」


ってな事で、結局一緒にお風呂に入って…

XOXO…★(//▽//)★

って事になってました。

早速、使ってみたスキンとローション
あったかく…なったかなぁ〜?
しかもスキンは裏表間違えたかも?って言うし…f^_^;

ローションは舐めたら苦いって言ってました。
やっぱりマッサージ用だから舐めちゃ駄目なのかしら?

やはり甘いシロップタイプにするべきだったかなぁ〜?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

癌検診の結果

昨日は昨年末に受けた癌検診の結果を貰いに行きました。

体癌、頸癌ともに良性ってことで異常なし


ほとんど毎年受けてますが
今、通ってる婦人科は行きやすく
先生も話しやすいから定期的に検診を受けられます。

今日は、えっちの予定かな〜?と思ってたけど
買い物や何かでバタバタと時間が過ぎちゃいそうです(^o^;)

あ〜あったかくなるスキン、まだ出番来ないかも…★

| | コメント (4) | トラックバック (0)

う・ふ・ふの福袋★キター!!

う・ふ・ふの福袋★キター!!
う・ふ・ふの福袋★キター!!
ってか!?

いや内容はそんなにえっちなモノではありません。

どっちかって言うとボディケア商品だし…。

ちょ…ちょっと福袋の中身は
今夜のバスタイムにでも使用してみたいと思います。


単品の方は旦那さま居ないと使えないけど〜(//▽//)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

眠れない(ρ_-)o

明日(数時間後)に全員学校だから
寝坊できないと思ってたら


眠れない(|||_|||)

あぁ〜困った、困った!
どうしょう…(´・ω・`)あぅぅ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだパソコン触れず…(-з-)

まだ冬休み中で子どもたち居るから
なかなかパソコンには触れないので
記事更新、コメント返し、などは携帯からになりますm(u_u)m


さてさて、年末に頼んだLCの福袋
そろそろ届くハズなんだけど…(≧▽≦)ゞ
土器土器でごじゃいますわん♪

あ〜★
早く来ないかなぁ〜♪(*^ ・^)ノ⌒☆


黒ずみを消すソープ来たら早速試してみなくちゃね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秘めはじめ

今朝、今年最初のえっち(笑)


でも、何だかお腹がシクシクするからちょっと大人しめ

でも、裸でぎゅっと抱きしめられてんの
結構好きだぁ〜(//▽//)


女性って、激しいエッチはなくても
ぎゅ〜って抱きしめて貰ったり
よしよしってアタマ撫で撫でなんかで
気持ちがほわほわになる時も多いよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かっこいい〜(//▽//)

今「のだめ」見てました〜。
千秋先輩かっこいいですね〜♪

でも私の良く知ってる人に何か雰囲気似てるわぁ〜。
とマジマジ見てしまいました。


あれ!?
もしかしたら私の周りって
結構かっこいい人が多いのかしら!?

メチャメチャ田舎なんすけど…。


ってか、気になる終わり方してた〜!!
明日も見なきゃだわヾ(≧∇≦*)ゝ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっとキツい!?

ちょっとキツい!?
ちょっと前に買ってた黒パンツ

あ…(-.-;)
ちょっと小さい!?
く、食い込むかも…(|||_|||)

って写真の網の下に穿いてるんだけど
目立たないでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福袋買った?

福袋、みなさん買いましたか?

私は少し前にも書いたけど

LCの福袋買いましたヾ(@^▽^@)ノ


子どもたちのは長男二男はそれぞれ買いましたが

チビりぃは制服のズボンが小さくなったからそれにしようと・・・。

お年玉で仮面ライダー電王の福袋買いましたが・・・。

 

旦那さまはほかに欲しいものがあるから・・・と

福袋じゃないものを言われました。


で、私は~~。

毎年何かしら買うのですが

まぁ、肌着や靴下なんですけどね、お得なんで。


でも今回はチビりぃに連れまわされて

自分の買えてなーーーぃ(ノ◇≦。)


ネットで何か福袋なんかでも買うかなぁ・・・。

あぁ~~(x_x;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

酔いました(*´Д`)=з

こんばんは♪

ルリエルは大晦日から実家に行って
年越しをしておりましたが

元旦の日、
帰りは旦那さまが居るので運転しなくて良いと油断し
久しぶりにシャンパンなんかを
姉弟で飲んだりしましたら…

なんだか回ってしまったようです。
(コップ1杯も飲んでないのに)

ぅぅん…でも、ちょっぴり胸が苦しいょ…。

今夜は早く休もうっと。


すみません、そんな訳で
おやすみなさい(*v_v*)zzZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年m(u_u)m

あけましておめでとうございます

今年もよろしくね('-^*)/

ルリっちゅーは削除しました★

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »